« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月 6日 (月)

5歳の男の子3人が山火事を教えておてがら

偉い!!子どもでも本当にえらい!

でもきっと本人たちには“スゴイ事をした”という自覚は
ないのでしょうから今回のお手柄は親の方が嬉しい思いをしたかも
しれませんね。


かくれんぼの5歳児らお手柄!火災を通報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100904-00001152-yom-soci

いそいそ話題日記だといいですね!

火災発生直後に現場近くの自宅でかくれんぼをしていた、
大河原光葵(こうき)くん(5)ら子ども3人が、
いち早く煙の臭いに気付いたそうです。

そして煙の出ている先に火の手が上がっているのを確認すると
現場から約50メートル離れた食品会社「高畠食品工業」に駆け込み、
火事を知らせたそうです。

火事を確認した会社の従業員も119番通報をし、
水を汲んだたるをフォークリフトなどで現場に運んで消火にあたり、
約5分後に鎮火させたそうです。

今度は気になったものを書くdeviの日記ですよ!!

5歳と言ったらまだ就学前の幼稚園生なのに、
よく煙の臭いに気付いたものだと思いました。

山形県高畠町安久津、農業島津好一さん(60)の所有する休耕地から
4日午前11時5分頃に火が出たそうです。
枯れ草など約55平方メートルを焼いた火事になりました。

参考:B型万歳!

うちの子どもたちは“煙の臭い”自体がどんなものなのか、
知らないと思うからです。
発見が早かった事も鎮火を速めた大きな理由でしょう。
少しでも発見と消火の時間が遅れると大きな被害を出した
大火災になっていたかもしれないと思うと、
この子どもたちの功績をもっとほめたたえるべきだと思います。


いい大人になってね☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »